2015年02月14日

猫とニンテンドー

3DSLLの画面だと猫が夢中で見る。
TVだとブラウン管/液晶ともに「夢中」では見ない。
スマホやipadの画面もこんな風に見ない。

IMAG2503_11.jpg


こやつだけではない。
うちの猫らは3DS画面だとじっくり見る。ずっと見る。
画面が派手に動く類のゲームでなくても見る。
写真は3段階で拡大しますがこの時も画面はおとなしめ。
3D効果を一番弱くしても強くしても見る。
私がこんなに近づいてるというのに、文字通り眼中にないのだ。(ムシスンナテ)

IMAG2504_21.jpg


すごいな任天堂、と思う。
もし狙ってやってる事だととしたら驚き。
老猫たちの早朝雄たけび異常テンションを緩和できるような何かを是非つくってほしい。

写っているのは中学生のお子さんではなく、
後厄もお陰さまで無事にやり過ごせた年齢の息子なわけだが。
はっ
今日って、チョッコレート販促の日では・・。

「休みに他にすることあろうが!」とはしつこく言えても「ケンカでもしたのか?」とは立ち入れない。


posted by chan_p at 14:07 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
ブログランキングに参加していますblogram投票ボタン にほんブログ村 猫ブログへ