2007年04月11日

免疫介在性の結膜炎(猫:シッポナさん)

シッポナさん目の炎症
 一昨日あたりから、シッポナさんの右目のフチが赤みを帯びていた。
いつもよりも特に目ヤニが多いとか、目ヤニの色が変だとかの様子は見られなかった。
 昨日の晩から目を開けにくそうにしていて、目のフチだけでなく周辺にも赤みを帯び始めた。
何度拭いてもクリーム色の目ヤニ?が目頭に出るようになっていた。

シッポナはなるべく車に乗せたくない。車での移動中は鼻先が真っ赤になり恐ろしく心音が早くなるので、けっこう心配。だが診てもらわないという選択肢など無い。
朝イチで病院へ。
エリザベスカラーを着けて、目から少し粘液を取って(穿刺/バイオプシー)検査。細胞を診てもらう。

結果が出て再度呼ばれてモニターに映し出された画像を見ながら説明を聞いた。

杯細胞が並ぶ隙間に、それらの細胞とは違う形というか核しかないようなベツのモノがチョコチョコあった。
それを成熟好中球というらしい。
この成熟好中球は白血球なのだけれど、成熟していて多いことが良くない症状を出すそうだ。
今回の結膜炎は、免疫過敏になったことで炎症が起きているらしいことがわかった。

免疫過敏がたまたま強くでたのか・アトピーなのか・アレルギーなのかは、治療していき経過をみないとハッキリとはわからないそうだ。
現時点では自己免疫が正しく働いていない・・・それが画面に映し出された染色された細胞を見てわかったこと。

今はまず、炎症を止めることを何より優先すべきとのこと。
目の場合は穏やかな薬を使ってゆっくり治すよりも、
少々強くても早く効く薬を使って治さないと、アッという間に結膜炎が進行して結膜だけでは済まなくなるらしい。
点眼薬2種類
左の点眼薬から点して、10分後くらいに右の点眼薬を点す。

・・・。
にぃにぃの角膜潰瘍の時のパピテイン点しに比べ、シッポナさんの点眼の簡単なことったら!

にぃにぃは気配だけで逃げ倒すし、容器を見られたらもう失敗。

それに比べ、シッポナさんのラクなことラクなこと。


あ、あと、食べ物の影響について詳しく聞いたら、
免疫過敏なコにはあんまりマグロやアジは与えないほうが良いと聞いた。(欲しがったこともないから与えたことないのだが・・・)
ドライフードも高級で特にナチュラル系フードは、免疫過敏なコには逆効果になる傾向が強いデータがあるとのこと。
しかし廉価なドライもダメとのこと。
何なら食べさせても大丈夫なのかと聞いてみた。←愚問である。
 『その子その子で違うからねえ』って。。。。まあ、そりゃそうだ。

取りあえず今のフード(ニュートロ ナチュラルチョイス コンプリートケアアダルト・ライト+アイムス 毛玉ケアチキンのMIX)はいかがなものか?と聞いてみたら、『うんいいね シニアにかかったらまた考えてみて』と言われた。

 うーん、、、そうか・・・どうしようか。
にぃにぃ&クー&ハナのごはんと、
吟&シッポナ&坊っちゃん&お嬢のごはんを どうやって分けて食べてもらったらよいのだろうか。
ザビのごはんだけはそっちの心配は無いが。

まずはやっぱり、ドライ出しっ放しをやめねばならんか。
夕方のごはんだけでいいから誰かバイトに来てくれないだろうか。
内職程度の報酬しかお支払いできないが。。。


ブログランキングに参加していますblogram投票ボタン にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ


posted by chan_p at 14:30| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして^^

私の音楽にゅーすサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/doriiii200/archives/50110473.html
です。
これからもよろしくお願いいたします^^
Posted by 音楽にゅーす at 2007年04月11日 23:19
>音楽にゅーすさん

「まーたテキトーなこと書いて周ってる人がいるよ・・・」って、思い込みながら見せていただきました。  
 したらば、[◆mix関連ブログ記事]のところにご紹介くださっていてビックリしました。
しかし、なぜにその流れでこの記事に?  
誤解してごめんなさいね。 ご紹介下さって、ありがとうございます。
Posted by chan_p@管理人 at 2007年04月12日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログランキングに参加していますblogram投票ボタン にほんブログ村 猫ブログへ