2012年04月11日

やんきーシッポナ

pona02-201204.JPG ちっちゃい歯の多くは抜けてしまったシッポナさん。

 大きい下の歯もついに抜けようとしています。

 4月に入ってまもなくから、時々このようなお顔で見つめてくれます。

 幼く見えても歳相応の歯石は付いています。

 今のところ歯茎の炎症は見られず、うまいこと抜けるのを待っている状態が続いています。

もどかしいですなー。

(歯茎をしっかり見て、小さい範囲でも赤くなっていたり腫れていたら獣医さんで抗生剤を出してもらったほうが安心です。多忙で連れて行けない場合でも、患部の写真を何枚か撮影して獣医さんへ持参して相談してみてください。悪化して食べられなくなったら大変ですから〜)
pona01-201204.JPG
日に日に歯の可動範囲は大きくなっていますが、歯は隠れたところも結構大きいので、抜けるのはまだもうちょっと先になりそうではありますが。

お口がこの感じになるのは寝起きが多いようです。

本猫はこの歯が多少は苦になっているはずなのですが、カリポリいたって元気に食べております。

付近をさわられるのは嫌がるので痛みはあるのでしょうけどね。

無事に抜けてくれたらいいけどなーと。


posted by chan_p at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログランキングに参加していますblogram投票ボタン にほんブログ村 猫ブログへ