2006年02月21日

噛むのが好きな猫達への対策:その1

n060222-1.jpgこやつらは、
組みひも状のものが大好き。
 いや、
組みひも状のものを食い千切るのが大好き。

こたつコードが毟れていることには気づいていましたが、
まさか噛み切って感電してしまうとは。
それは、先月のクソ寒い日に起こりました。

(携帯の充電ケーブル対策についてはこちらに)

私がコタツに入っていて、シッポナの癲癇様の異変に気づいたからまだ良かったのでしょうけど。
最初は何が原因でコタツ内で暴れているのかがわからなかったのです。
どうもおかしいと思って、
シッポナをコタツから出してからやっと感電していることがわかりました。

それから慌ててしまって、
コタツ周りコンセントがいくつも挿さっているタップのスイッチを切るまえに、シッポナの口から取れずにいるコードを取ろうとして自分もビビビビビ。(あほ)

そのあとでタップのスイッチを切って、念のためにコンセントを抜いているうちに自分の思うように動けるようになったのかシッポナは逃げた。

感電している間、極端で激しい動きをしていました。
自分の意思で動いているのではない感じでした。
怖かった。
はなこの夫たろう父さんの発作のことを思い出しました。

シッポナは暗がりでずっと口をピチャピチャ言わせていました。

引っ張り出して口の中を見ると、蚊に刺された程度のふくらみと少しの出血。
このくらいのヤケドで済んでよかった。
n060222-0.jpg
そんなわけで、
新しいコタツコードを買ってきました。

そしてコードにケーブルスパイラルチューブを巻きました。
約1ヶ月使ってみて、
もう全く被害がない(かじらない)ことを確認しましたのでオススメします。


ケーブルスパイラルチューブはPCパーツを揃えているお店に売っています。

580円〜手に入りますので、
気楽に切ったりできます。
なるべくギュウギュウに詰めて巻いたほうがヨイです。








n060222-qoo.jpg
次回は、
噛むのが好きな猫達への対策:その2としまして。

携帯電話の充電用ケーブルを噛み切ってしまう
このお方への対策と、
実は簡単使いまわし情報をば。



もし、この記事が少しでもお役に立ちましたらポチッとお願いいたしますにほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ





アグリーベティー、スパイダーマンなど、数々の映画や海外ドラマが見放題!

スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!


posted by chan_p at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫グッズ(フード含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちも使ってまーす<スパイラルチューブ
テレビの後ろのコード類一式、スパイラルチューブで守ってます。

それにしてもー、シッポナさん、あなたいつの間にそんなお転婆さんになったの?
今回は小さなやけどくらいで済んだからよかったもののー。
あまりちゃんぴぃママを心配させないようにねっ。
Posted by ぴぽた at 2006年02月22日 22:14
こやつらは、(にぃにぃ&ポナオ)
どういう訳だか組みひも状のコードやひも自体だけを食い千切ってしまうのです。
ふつーのコードには見向きもしない…なぜ?
しかもにぃにぃはそれを食います。うしろから出てきますけど。。。

ポナオは、正直一番の問題児なのです^^;
他にも色んなことをやらかしては悲鳴をあげさせられています。
一緒に寝ていて私が痺れて寝返りをうっただけでも、んんんんーーと不満げに鳴き、布団から出て直後に掛け布団にチッコします。
なのでうちは異常に布団のシーツを交換する家なのです。

ポナオの見ているところで他の猫を可愛がろうモンなら、そのコを噛み付きに行きます。

人間も猫も、甘やかして育てると後が大変ですね〜。しかしムスメの可愛さっていうのを私は人間では知らないけれど、こんな感じなのでしょうね。ポナオはそれをよく感じさせてくれています。
・・・ほんとうに、小さなヤケドで済んでよかったです。ご心配をおかけしました。
感電そのものよりも、そのためにアチコチに思いっきり頭・顔面・身体をぶつけるんです。
それが骨折してもおかしくないほどでした。

うちもコード類は全てチューブで巻きたいけれど、しょっちゅう模様替えするので(情緒不安定)どうしましょ。。。
Posted by chan_p at 2006年02月22日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログランキングに参加していますblogram投票ボタン にほんブログ村 猫ブログへ