2008年11月03日

初七日を前に

zabi08110301.jpg ザビにお花が届きました。

ザビがまだお外の野良さんだった頃に保護してくださり、今ご自身も悲しみの中におられるであろうKennyさんからです。
ありがとうございました。

ザビは、Kennyさんに保護され怪我を治療してもらいお世話してもらい、お外の危険で厳しい暮らしから室内での安全な暮らしが出来るようになりました。

そしてJUNさんのもとへと安全な暮らしと愛情は引き継がれ、ザビは(人を信じてみようかな?)と変わっていけました。

 Kennyさんもザビとの思い出がたくさんあり、
 JUNさんもザビとの思い出がたくさんあり、
 亡き母もザビとの思い出がたくさんあり、
 ぶどう園の方々もザビとの思い出があり、
 Mさんもザビとの思い出があり、
 私とも思い出がたくさんありました。

それはザビからしても同様で、ザビにも出会いと思い出がたくさんたくさんあったと思います。

ザビは波乱の猫生だったと思います。色んな想いをしてきたでしょう。
しかし波乱とはいえ、ザビは幸せな猫だったと思います。

誰にも愛されなかったり誰にも気付かれないまま、
暗がりで人目につかない所を選んでひっそり亡くなっていく野良さんは、
寂しくつらい想いをするために生まれてきたのではないのに。

zabi08110302.jpgザビの姿が見られなくなったケージですが、私から目の届く場所で2005年5月から3年半。
さすがに3年半見ていれば、気配で見てしまうクセは・・・。

今日お花が届いて、他の猫さん方にむしられぬようケージの中に飾らせていただきました。

見ても見ても違和感や寂しさを感じていたケージだったけど、
明るくなり私も癒されるケージになりました。
同時に、
まだたくさん付いてる花のつぼみが開き咲いて枯れてしまう頃には、ザビのケージの役割は一段落したのだと私の中で区切りをつけようと。
そんなことも考えました。

ザビは私や支えてくださった方々の心の中ではずっと。
ずっとザビのままでいてくれる。

Kennyさんのもとで一緒だったみりんさんをはじめ旅立っていったザビを知る猫さんたち、
同じ病気なのでジャレ合えて一緒に過ごせたチビコ、
JUNさんのシャアさま、
みんなザビと時を過ごしてくれた。
チビコを導き係りに指名してしまったけど、
今はもうみんなに会えてるかな。ザビさんや。


posted by chan_p at 16:43| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキングに参加していますblogram投票ボタン にほんブログ村 猫ブログへ